☆類別:最新資訊日語學習

被爆76年 亡き息子に謝り続け 長崎へ救護に入った女性(95)

2021/8/9 下午 05:35:49

  #社会 #新聞 #話題 #閱讀練習

被爆76年 亡き息子に謝り続け 長崎へ救護に入った女性(95)

1945年(ねん)8月(がつ)9日(ここのか)、長崎(ながさき)に原子爆弾(げんしばくだん)が投下(とうか)されました。長崎(ながさき)の隣(となり)の佐賀県(さがけん)に住(す)む西久保(にしくぼ)キクノさん(95)はその時(とき)、19歳(さい)。看護師(かんごし)として被爆者(ひばくしゃ)を
 


 1945ねん8がつ9ここのか長崎ながさき原子爆弾げんしばくだん投下とうかされました。長崎ながさきとなり佐賀県さがけん西久保にしくぼキクノさん(95)はそのとき、19さい看護師かんごしとして被爆者ひばくしゃ救護きゅうごするため、原爆投下げんばくとうか直後ちょくご長崎市ながさきしはいりました。そのせいで、息子むすこわかくしてくなったのではないかと、76ねんたったいま自分じぶんつづけます。

21さい白血病はっけつびょう

 西久保にしくぼさんは佐賀市さがし陸軍病院りくぐんびょういんはたらいていました。長崎ながさきかうようめいじられ、よく10とおか汽車きしゃ爆心ばくしんからやく3・5キロメートルきたみち尾駅おえききました。駅前えきまえでむしろにかされていた被爆者ひばくしゃらを救護きゅうごしました。終戦しゅうせんの15にちまで野原のはらあるいて学校がっこう防空壕ぼうくうごうまわりました。

 戦後せんごいま長崎県佐世保市ながさきけんさせぼしで、海外かいがい戦地せんちからげてくるひと看護かんごなどにたりました。48ねん戦争せんそう左腕ひだりうでうしなった男性だんせい結婚けっこんし、50ねん長男ちょうなん秀紀ひでのりさんがまれました。秀紀ひでのりさんはあしはやく、中学ちゅうがくはサッカー、高校こうこうはバスケットボールで活躍かつやく体育たいいく先生せんせい目指めざして東京とうきょう体育大学たいいくだいがくすすみました。

 しかし71ねん、21さい白血病はっけつびょうになりました。夏休なつやすみにかえってきた秀紀ひでのりさんは顔色かおいろわるく、西久保にしくぼさんがつとめていた佐賀県立病院好生館さがけんりつびょういんこうせいかん入院にゅういん。そのとしの10がついきりました。

 西久保にしくぼさんは「わたし長崎ながさき放射線ほうしゃせんびたせいだ」とかんがえました。原爆投下げんばくとうか野原のはらあるいたときげるようなあつさや、線路せんろわきんぼであかちゃんがくなっていた光景こうけいなどをおもこしました。終戦しゅうせんよくねんには一緒いっしょ救護きゅうごたった仲間なかま一人ひとりくなりました。自身じしん白血球はっけっきゅう血液けつえき成分せいぶんひとつ)の数値すうち異常いじょうがありました。くに原爆げんばく放射線ほうしゃせん遺伝いでんてき影響えいきょうについて「科学かがくてきみとめられていない」としていますが、西久保にしくぼさんはいま自分じぶんつづけます。

くるしみ、俳句はいくたく

 秀紀ひでのりさんの死後しご入院にゅういんしていた姿すがたおもすのがつらく、病院びょういんはたらけなくなりました。2008ねん俳句はいくかい佐賀さが冬野ふゆのかい」をつくって創作そうさくつづけました。このはる高齢こうれいのためかいをやめましたが、最後さいご合同ごうどう句集くしゅう

きしびてもりぬ原爆忌げんばくき

というみました。息子むすこあやまつづけるくるしみをめました。

 8がつ9ここのか長崎ながさき出向でむいていましたが、足腰あしこしよわってむずかしくなりました。それでも一心いっしん核廃絶かくはいぜつねがいます。ふるいアルバムをにした西久保にしくぼさんは、学生服がくせいふく姿すがたわら秀紀ひでのりさんの写真しゃしんまえに「わたしたちのようなおもいをするひと絶対ぜったいしてはならない」とちからめます。【樋口岳大ひぐちたけひろ

🎯找相關: 社会   新聞   話題   閱讀練習

🔗資料來源:毎小ニュース